Sciencescape



「Sciencescape —科学が押し開く新しい風景—」

吉岡さとる写真展

会期:2014年11月8日(土)~ 12月7日(日)

会場:瑞雲庵 zuiun-an 
(京都市北区上賀茂南大路町62 -1)
【企画概要】
アメリカで写真を学び同地で活躍した後、故郷の高知市に拠点を移し、精力的に制作を続ける写真家、吉岡さとるによる個展。

2005年より吉岡が取り組んで来た高エネルギー物理学研究所(欧州合同原子核研究機構・セルン/スイス、SLAC国立加速器研究所/カリフォルニア、高エネルギー加速器研究機構/筑波、ブルックヘブン国立研究所/ニューヨーク、東京大学宇宙線研究所 神岡宇宙素粒子研究施設/神岡など)をテーマにしたシリーズ「何故、我々は存在するのか? 高エネルギー物理学の世界における視覚的研究」と、実験用マウスの脳にカメラを向けた「我々の中に、宇宙が存在するのか?脳内の美の視覚的研究の近作2シリーズにフォーカスし、吉岡が取り組んできた科学研究の周辺に立ち上がる風景に眼を向けます。

これまで「自然」を軸に語られてきた「風景というものに、吉岡は徹底的な「人工物」の存在を通すことで新たな視座を与えています。吉岡が見出した新しい風景から、写真における風景とは何か、そして、科学と人間の関係性や未来の風景について考える機会となるでしょう。

また、今回の展示はホワイトキューブではなく、京都の古き良き風情を残す上賀茂地区に佇む築百年を越える古民家<瑞雲庵 zuiun-an>で行なわれます。歴史を積み重ねて来た空間と、未来の世界を彷彿させる吉岡の作品の融合も大きな見所となります。

【展覧会情報】
展覧会名:「Sciencescape - 科学が押し開く新しい風景 -」
*Sciencescapeは、吉岡氏の作品より受けたインスピレーションを基にした造語。

【イベント】
関連企画:トークイベント 11月8日(土) 17 : 00 ~ (終了)
増田玲(東京国立近代美術館 主任研究員 美術課 写真室長)

何故、我々はそこに風景を見るのか?

アーティスト・トーク 11月8日(土) 18 :15 ~ 30(終了)
オープニング・レセプション 11月8日(土) 18 : 30 ~(終了)

キュレーター/トーク 12月7日(日) 14:00 ~

キュレーター:菊田樹子(きくたみきこ)、石見陽奈(いしみひな)

主催:「Sciencescape —科学が押し開く新しい風景—」実行委員会
協力:COHJU contemporary art、KANSAI ART BEAT、
ラディウム - レントゲンヴェルケ
助成:公益財団法人 西枝財団

【アクセス】
瑞雲庵 zuiun-an
〒603-8074 京都市北区上賀茂南大路町62-1
【市バス】
JR「京都」駅より 9号系統にて「上賀茂御薗橋」下車、徒歩約15分
阪急「河原町」駅より 4号系統にて「上賀茂神社前」下車、徒歩約10分
地下鉄烏丸線「北大路」駅より 37号または北3号系統にて 「上賀茂御薗橋」下車、徒歩約15分

KANSAI ART BEATリンクをご参考にして下さい。地図もございます。

【詳細・お問い合わせ】

「Sciencescape-科学が押し開く新しい風景-」実行委員会
sciencescape2014@gmail.com

公益財団法人 西枝財団
TEL 075-222-8640
MAIL info@n-foundation.or.jp
URL http://n-foundation.or.jp