satoru yoshioka



A few blocks away, at Synchronicity Space, a younger photographer was exploring a much different approach to the dedium. Claiming to have been deeply influenced by Picasso, and announcing that "I want to paint by using photography," Satoru Yoshioka, born in Kochi and still in his late 20s, works with Polaroid P / N film, manipulating his materials during exposure and development to produce strange effects - emulsion damage, curious perspectival distortions, odd forcal-plane confusions, the tonal reversals of solarization, and more.

The resulting nudes, still lifes and portraits contain elements of pictorialism and early modernism, but they seem to have been filtered through somebody's dream--a bit like pinhole imagery or the skewed spaces of the "thoughtoraphs" of Ted Serios. * Camera & Darkroom : The East Comes West

Japanese Photography in the U.S. Today by A.D. Coleman
少しブロック先のシンクロにシティスペースで、もっと若手の写真家がこのメディアを使って違うアプローチを試みていた。ピカソに影響を受けたと主張している彼は、「写真を使って絵を描きたい」と言っている。高知生まれの吉岡さとるは未だ二十歳後半、ポラロイドP/Nフィルム使い、撮影と現像の時に操作し変わった効果を作り出している:乳剤のダメージ、珍しい透視画法のゆがみ、フォーカルプレインの混乱、ソラリゼーションによるトーンの逆転などなど。


その結果、ヌード、スティルライフそしてポートレイトはピクトリアリズム と早期のモダニズムの要素を持っている。しかし、それらは誰かの夢を通しフィルターをかけられたようにも思われる。それは、すこしピンホールイメージのような、はてはテッド シリオスの歪められた空間、“ソートラフス”のようでもある。

雑誌 カメラ アンド ダークルーム 1992年6月号
:東洋が西洋にやってくる / アメリカにおける日本写真の今 - A.D.Coleman(著)

   
s