satoru yoshioka


「メカ・メカ」吉岡さとる個展

会場: ラディウムーレントゲンヴェルケ

住所: 東京都中央区日本橋馬喰町2-5-17

開催日時: 2014年7月17日(木)〜8月10日(日)
"MECHA-MECHA" Satoru YOSHIOKA

Venue : Radi-um von Roentgenwerke AG

2-5-17, Nihonbashi Bakuro-cho, Chuo-ku, Tokyo

July 17th (Thur.) – Aug. 10th (Sun.) , 2014

展覧会開催にあたって

セルン、シンクロトロン、スーパーカミオカンデ・・・化学や物理学にさしたる興味の無い方でも、独特の名称からそれら世界的な研究施設について何かしら聞いた事はあるだろう。吉岡さとるはそうした世界の名だたる施設の深部に入り込み、撮影する活動をしている。

 吉岡の作業は施設を正確に記録するというよりも、その造形的な美しさ、面白さを切り出す事に重点が置かれている。想像を絶するスケール感、複雑に組み合わされた見た事もない機械類、生物を思わせるようにうねるケーブルやチューブ、それぞれの持つ機能とその内側で起こされている反応といったものは我々の知る由も無いところだが、吉岡の撮影したそれら構造物はあたかも生命を持ち、自らの力で蠢いているのではないかとさえ想像させるものがある。

 新作で吉岡はこれまでにない方法で作品をパッケージした。画面サイズは10x15cm、アーカイバル・ピグメント・プリントでの出力とこの小ささのおかげで画面はミニアチュール絵画のような濃密さを獲得した。実験施設を標本化するという逆転的な発想に基づいて、それらは通称ドイツ箱と呼ばれる標本箱に収められた。

 建築家ミース・ファン・デル・ローエは、美しい建築物の裏側にあるディティールを称して「神は細部に宿る」と言ったが、吉岡の写真はその宿った神をむき出しにしようとするかのような作業ではないだろうか。更には化学、物理学という現代の神話を伝える宗教画と見る事ができるのではないかとさえ思う。標本箱に収めるという作業によって、作品がロシアイコンのような可憐さをもった神々しさを獲得したのも頷けるのである。

Cern, Synchrotron, Super Kamiokande… Even those who are not interested in chemistry or physics may have heard about those global famous facilities for research with peculiar names. Satoru Yoshioka is doing activities entering the depth of these research institutes to take photographs.
Rather than recording the institutions correctly, the work of Yoshioka put emphasis on extracting their forming beauty and fun.
Unimaginable scale, complicatedly combined machines we have never seen before, undulation of numerous cables and tubes that remind us of some creature… Though we have no chance to know the function of each part of the machine nor the reaction that has taken place within these machines, the structures taken by Yoshioka's camera seems to have their life, and makes us imagine that they may wriggle in their own power.

Yoshioka packaged the work by an unprecedented new method. The screen size of the picture is 10x15 cm. The work obtained concentration like miniature pictures, thanks to having outputted on an archival pigment print, and the smallness of this screen. The works are put in the specimen box popularly called as "German box," based on Yoshioka's reversal conception to make the experimental facility a specimen.
Architect Mies van der Rohe showed his respect on the details hidden in the back side of a beautiful building by his famous quotation "God is in the details." Yoshioka's photograph seems to be the work trying to expose God dwelling in the details of the scene.  Furthermore, his work can be considered to a religious picture that passes on a modern myth like the chemistry and physics.  Divineness with loveliness like a Russian icon has been added to the work by the effect of putting the photographs in the specimen box.

レントゲンヴェルケ/ Radi-um von Rögenwerke AG
池内 務 / Tutomu IKEUCHI